ページトップへ

増税ショック!? | ブログ | 岐阜県 新築一戸建て・注文住宅 伸和建設 自然素材とデザインにこだわった工務店

スタッフブログ

ブログをご覧の皆さま こんばんは。

 

関店店長の山田です。

 

今日は、この所は影を潜めていた感がする消費税増税に関する話です。

 

 

過去2度延長され、今のところの予定は2019年10月から施行の予定ですね。

 

8パーセントから10パーセントへ。。

 

1000万円で20万円の負担増加となると、

 

「仕方が無いな」。。とは、

 

どなたに於かれても容認できる額では無いと思います。

 

こんな感じで。     

 

住宅の場合はその工期がもたらす影響からか、8パーセントに増税された時は、

 

半年前までに工務店との請負契約を結べば、その内容については据え置き措置が

 

とられた経緯が有ります。

 

 

となると、今回も適用されるとなれば、2019年の3月?までに契約締結をすれば

 

同様の措置が行われる事となりそうです。

 

 

さて置き、このところニュースで飛び込んで来たのは、

 

さらなる緩和措置の検討がなされているとの事です。

 

 

その対象は、住宅と自動車に限定する計画で、

 

 年末までに協議される予定だそうですが、

 

前出の緩和措置とは異なり、増税の衝撃を和らげる措置の検討との事。

 

 

勝手な想像をするならですが、

 

一定の期間を対象として、幾らかの補助を付保する。

 

つまりは、引き上げしやすい環境作りをしようと言うもの。

 

(言い方は適切じゃないかもしれませんが)

 

 

これらの施策で金銭の負担感は柔らかくなり、

 

支出する感は抑えられる事になれば、それはそれで結構な事でしょう。

 

結果、施工現場が極端な増大をする事も無く、フラットに施工を施す事が出来れば、

 

品質の低下も招かずに済む事になりそうです。

 

 

家はいつでもそうなのですが、

 

そこで働いて頂く方のプライドや魂を込めてお作りするものである以上、

 

費やす時間が削られるのは、よもや品質の低下を招く恐れも有ります。

 

施工に必要な時間は削られるべきでは有りません。

 

 

まだ時間は有るとは言え、人生の三大事業の一つが家創りです。

 

お早目の検討をお勧めします。

 

 

 

2018年08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー