ページトップへ

経済産業省によるZEH+実証事業、戸建分譲ZEH実証事業の公募説明会・・・長い、、、 | ブログ | 岐阜県 新築一戸建て・注文住宅 伸和建設 自然素材とデザインにこだわった工務店

スタッフブログ

経済産業省によるZEH+実証事業、戸建分譲ZEH実証事業の公募説明会!!!

というタイトルでしたが、長いですよね。

 

遅れましたが、伸和建設の森です。

表題の件は、本年度のZEH関連事業の説明会の事です。

色々と進んでいきますが、明日16日(月)にほぼ終日の予定で名古屋市にて説明会が開催されます。

弊社からは最多の2名で行きます。(会場の都合で、1社から2名しか参加できません)

名古屋会場は定員が多くて、400人ほどが入れます。

ですが、1社あたり2名で行く会社様が大半なはず。

そう考えると、この中部地区で200社しか参加できない狭き門です。

これには、注文住宅をやっている会社だけでは無く、分譲メインでやってらっしゃる会社様等も入ってきていますので、そう考えるとかなりの倍率ですね。

主幹団体から案内が来てすぐに申し込みましたので無事に弊社からは2名で参加出来ます。

 

ですが、、、よく考えてみるとなんですが、、、、

中部地区で400名しか説明受けてないという事になります。

これって、怖くないですか?

昨年までのZEH補助金事業はまだゆとりのある制度でしたが、まさかのまさか、今年は昨年と比べ物にならない位、きつい基準になりそうだからです。

それなのに、この地区で400名しか参加しないという事実。

参加してない企業様は、この流れをどう取り戻すのか。

「出遅れた!」と思ったら、遠い遠い、他の地域で開催されてる説明会に参加する事も可能です。

出遅れたらそれしか解決策はありません。

それにしても、まだまだ注目度が低いという事です。

これだけエネルギー関連の法案や、懸念事項が多くなってきている社会事情がありながら、全く省エネルギー性に特化していない会社が多いです。

口では色々と喋っているようですが、実際の所はかなりモチベーションが低いというのが現状だと思います。

 

一番気になるのが、お客様にとっての判断基準が持てないという点です。

事実、ZEHの本当の狙い、ZEH+が制定された意味等を全く理解しずにこの制度に取り組んでいる会社、はたまた、全く知らないという会社で建築をしてしまうお客様が大多数であるという超矛盾業界が今の建築業界だと思います。

実際に、断熱性能やエネルギー削減量というのは既に数字で示す事が出来てしまっています。

なので、「弊社は良い断熱材を使用してまして~」という口先だけの回答は事実無根になっています。

そういうのであれば、数値を教えて下さいという事になりますね。

それを聞いて、しっかりと回答できる会社様ならOKです。あとは、その性能値が良いかどうかの判断だけですね。

 

確かに、性能に特化をしますと、性能面でコストアップにつながるので、最終的にはどうしても性能を下げるという判断をされているお客様もいらっしゃいます。

ですが、僕達の今後の課題は、いかに分かりやすくお客様に説明し、高性能の建物を取得して頂くかだと思います。

住んでからの価値を提供したい。

これが近々の目標でもあり、課題でもあります。

明日は、設計チーフの山口と缶詰で話を聞いてきます。

その情報は、すぐに皆さんに配信して、より多くのお客様をZEH化、ZEH+化し、補助金が受けられるように段取りしていきたいと思います。

難しい話が多くなる一日だと思いますが、睡魔に負けず、頑張ります!

※念のために、今年の補助金のイメージを掲載しておきます。(まだ正式確定ではないので、御注意下さい)

国土交通省、経済産業省、環境省の3省が絡んできている大型事業だと思います。

皆さん、ZEHはそろそろなじみが出てきたと思いますが、今年はZEH+(プラス)が出てきていますよ。

更には、その先にあるLCCMも。

今まで遅れてる遅れてると言われてきた日本の住宅制度でしたが、ここにきてアクセルを踏み込んできた感じがあります。

ZEHでは満足していないというのが国の方針からしても見て取れます。

2年後には、今の基準では家が建てれなくなりますしね。

特に、分譲住宅では要注意ですね。2020年以降の住宅はかなりスペックが良くなるはずです。

ですが、スペックだけ良くする(机上の理論だけ整える)だけでは、実際の数値が実物件で発揮できているかどうかが微妙なんです。

そこを解決する策も、実はあるんですよ~!!!これは、聴きたい方は弊社スタッフに直接聞いて下さい。

話が戻りますが、弊社では既にZEH+位は普通に取得出来るレベルにありますので、弊社の今後の課題はLCCMです。

明日、しっかりと勉強して還元できるようにしてきます。

 

 

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー