ページトップへ

一夜飾り | ブログ | 岐阜県 新築一戸建て・注文住宅 伸和建設 自然素材とデザインにこだわった工務店

スタッフブログ

ブログをご覧の皆さまこんばんは。

12月の30日。

昨日は業務の残りなどで終日関店におりましたが、30日の今日は

迎春の準備などで家事をしてました山田です。

 

 

「一夜飾りはダメだよ。。」

古くから両親に言われ、謂れを守ってきました。

 

なぜなのかを深く考えた事はあまり無かったし、聞いたとしても神事ごととしてしか

捉えておりませんでしたので、ここは一つネットINしてみますと・・

一夜飾り=門松などを元旦直前の大晦日に飾り付ける事。

年神に対して誠意に欠ける、また、葬儀の準備を連想させるとして忌む。

とある。

31日の早朝に歳神さまがその家に来られた時に松飾りが無いと、引き継ぎが出来ないとか・・

 

何であれ先人の言う事は守っておいたほうが良い。

 「来年も我が家をお守りください」・・です (*^^)v

 

 

そう言えば、家つくりに於いて日柄の良い日と言うと、古くは十二直(じゅうにちょく)が

昭和の初期頃まで使われてたそうです。

建 除 満 平 定 執 破 危 成 納 開 閉

最近は六曜(大安 友引 など)が一般に使われておりますので、細かい意味は割愛するとし、

暦を見て頂きますと。

六曜で大安でも十二直を見て頂くと 破 の日もあります。

「だったらどちらを重視すれば良いの??」

こうなる事もしばしば。

 

そこは六曜が一般的になってますから、最終的には気の持ち用と言う事になります。

関係者諸氏の都合が会う日を選定するのが宜しいようです。

昔から言いますでしょ。 

信ずる者は救われると

 

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー