ページトップへ

いよいよはじまる | ブログ | 岐阜県 新築一戸建て・注文住宅 伸和建設 自然素材とデザインにこだわった工務店

スタッフブログ

みなさまこんばんは。

 

関店店長の山田です。

 

さていよいよ1月も終わり。

 

気がつけば、正月気分など浦島太郎の如く遠くに過ぎ去った感じがして(笑)

 

 平常気分になってるこの頃です。

 

 

寒気の南下も周期的に繰り返し、現場を預かる者としては、

 

「雪ふるなよ~・・」。

 

こんな心境ですがね。。

 

つい先日は、日が昇らない内に社に到着して社窓から日の出を拝んだ次第です。

 

 

 

 

そんな雪を、子供の頃は顕微鏡で見ませんでしたか?

 

雪華       とか言って。

 

雪の結晶ですけど、そのカタチは樹枝状とか角板。扇形・針状・・・などと、

 

気温の加減によって形状も変わるそうですので、お子さんと雪ウオッチング!

 

いいかもしれません。

 

少し冷やした黒い紙に雪を受けて、スマホのカメラで撮りますと案外キレイに撮れますよ。

 

一度試してみて下さい。

 

 

雪降りについては時節柄仕方の無い時も有りますが、

 

先般雪の合間を縫ってFさまの地鎮祭が執り行われました。

 

      

 

幾らかの残雪は有りましたが、まずまずの滑り出しです。

 

 

施工主さまとお呼びする事が出来る様になるまでには、幾多の確認をしながら、

 

思い描く理想の住まい作りの為にお話しを繰り返します。

 

 

いろいろなご縁の頂き方が有りますが、こちらの方には、

 

とあるOBさまの邸宅に御案内差し上げました。

 

         

 

 お引き渡しを終え住み慣れた頃に、実際に感じた事などを在りのままにお話し戴きます。

 

 

 こう言う事については私の立場から云々お伝えするよりも、受け止めて頂く内容に

 

違いが出る部分も有りますので、施工主さんに思うがままお話し頂きます。

 

 

時には「びくっ!」 ってな事も有ったりして(笑)

 

事実冷や汗ものの言動も・・・・。無いか?

 

 

これらの全てをご案内差し上げて、Fさまに頂いた家創りに向けての言葉。

 

 

「理想の生活に向け いよいよはじまる」

 

 

1行ですが、重みを感じられずには居られ無かったです。

 

 お手伝いできる者のみが知る事の出来る家創りの動機。

 

直接施工に携わって戴く業者さまへのお願いとして、重々伝えて行かなければなりません。

 

この度の家創りの始まり。

 

誠におめでとうございます。

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー