ページトップへ

建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)について | 岐阜県 新築一戸建て・注文住宅 伸和建設 自然素材とデザインにこだわった工務店

建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)について

建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)について

 

BELSとは~伸和建設の取り組みと実績について

建築物省エネルギー性能表示制度(BELS(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System):ベルス)とは「建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針」(ガイドライン)に基づき、新築・既存の建築物において、第三者評価機関が省エネルギー性能を評価し認定する制度です。 平成27年7月に公布された「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」が平成29年4月より完全施行となるのに先駆けて、これまで非住宅建築物が対象だったBELSの適用範囲を新たに住宅等にも広げ、平成28年4月1日より申請受付が開始されました。

評価対象は外皮性能、一次エネルギー消費量で、省エネ性能のランクに応じて5段階の星マークで表示されます。 省エネにおける法律に基づく第三者認証マークとして、各企業における省エネルギーを通じた社会貢献へのアピール、テナントのビルへの営業ツール、一戸建て住宅やマンション 購入の判断基準ツールなど、さまざまな場面での活用を想定した制度となっています。

 

伸和建設の取り組み

私達、伸和建設はBELS工務店です。

2020までに新築住宅の全ての物件に於いてBELS評価を行う事を目標に掲げております。

これに伴い、私達の供給する全ての新築住宅で建物の性能、エネルギー消費量等の数値が明示化出来る事になります。

 

平成29年度におけるBELS評価実績

平成29年度における新築住宅でのBELS評価割合は全体の10%で御座いました。