ページトップへ

認定低炭素住宅制度 | 岐阜県 新築一戸建て・注文住宅 伸和建設 自然素材とデザインにこだわった工務店

認定低炭素住宅

認定低炭素住宅制度

「認定低炭素住宅」とは?

 

都市の低炭素化(CO₂排出抑制)を目的に施行された改正省エネルギー法に基づき、
長期優良住宅と同等の優遇を受ける事の出来る住宅を「低炭素建築物」と呼びます。

建物の断熱性向上はもちろん、主な設備機器を含めてCO₂排出量削減に配慮した
いわゆるエコ住宅が該当します。

 

二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物で、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行います。
認定の対象は※市街化区域等内における以下であることが定められています。

 

  1. 建築物の低炭素化に資する建築物の新築
  2. 低炭素化のための建築物の増築、改築、修繕若しくは模様替え
  3. 低炭素化のための建築物への空気調和設備、その他の政令で定める建築設備の設置
  4. 建築物に設けた空気調和設備等の改修

 

※市街化区域等内とは

市街化区域内であって、 都市計画で定める用途地域の指定がある区域内が該当用件です。

無指定地域では非該当となりますので、用途地域にも御注意下さい。

 

 

 

長期優良住宅との違い

 

現在住宅には「一般住宅」と「長期優良住宅」(長期にわたって良好な状態を保てるよう講じられた家)に分類されます。

その中で低炭素建築物は、一般住宅よりも優遇制度を受けることができ、
比較的低コストの住宅として注目されています!

 

 

 

「低炭素住宅」の認定について

 

低炭素住宅として認定されるためには「定量的評価項目」「選択的項目」の条件をクリアしないと
認定を受けることができません。

 

 

【定量的評価項目】

①外皮性能

省エネルギー基準と同等以上の断熱性能・日射熱取得性能が確保されていること。

 

②一次エネルギー消費量

省エネルギー基準に比べて、住宅の一次エネルギー消費量が10%以上削減であること。

 

 省エネルギー基準とは?

 

 

 

 

【選択的項目】

以下のCO₂削減に貢献する①~⑧の項目の2つ以上の設備を採用すること。

 


 ①節水に資する機器の設置

 


②雨水などを利用するための設備の設置


 ③HEMS(ヘムス)の設置

 HEMS(ヘムス)とは??


 ④定置型蓄電池の設置

太陽光発電などの再生可能エネルギーを利用した発電装置、およ  びそれと連携した定置型蓄電池の設置 。


 ⑤一定のヒートアイランド対策

●敷地の緑地化  ●敷地の高反射性舗装  ●屋上緑地化  ●壁面緑化

 


 ⑥住宅劣化の低減措置

 


 ⑦木造住宅または木造建築である

 


 ⑧高炉セメントなどを使用している


 

低炭素住宅の認定には「定量的評価項目」の2項目「選択的項目」の中から2項目のクリアで認定されます!

 

 

 
 
 
 
 
 
 
        
 
 

認定低炭素住宅