ページトップへ

Original Bath × GROHE | 岐阜県 新築一戸建て・注文住宅 伸和建設 自然素材とデザインにこだわった工務店

Casetta

Original Bath × GROHE

SHINWA Original Bath × GROHE

私達はお風呂にも改革を施しました。何故なら現代のお風呂はほとんどと言っていい程、ユニットバスで形成されています。一世代前の様に在来工法のタイル張りのお風呂を施工する事は大幅に減少しました。何故なら在来工法のお風呂は、長年使うとタイル割れや目地割れからの湿気、水の進入により躯体の劣化を進行させる結果となってしまいました。私達もリノベーション工事(リフォーム工事)を多数ご依頼頂きますが、お風呂の取り換えで一番ネックになるのがこのパターンなのです。だからこそ、現在ではメンテナンスや取り換え工事が安易なユニットバスにシフトしていきました。

そんな中で「ユニットバスにも改革を」と取り組んだのが水栓の改革です。そのルーツは海外にあります。諸外国に視察や旅行で宿泊すると、ホテルには必ず綺麗な水栓セットがあります。ホテルライクと言ってしまえばそうなのですが、実際には海外の主流だと現地の人々は教えてくれました。オーバーヘッド付のシャワーシステムが私達の目には斬新に見えました。そしてこの多くが一流メーカーの「GROHE」である事にも何度か足を運ぶ度に気が付くようになりました。そこから「日本でもこのシステムを取入れたい」と考えて動き始めたのが事の発端です。

この水栓の美しさ、そして品質の高さに一目惚れしました。努力の甲斐あって、2013年からGROHE社の正規取扱いが開始出来ました。まず一つ目の課題はクリアしましたが、今度は大きな問題が襲い掛かりました。水栓は取扱いが可能になりましたが「ユニットバスに組み合わせる事が出来るかどうか?」という大問題です。私達も検討するまで分からなかった事なのですが、基本的に日本製品のユニットバスのほとんどが水栓まで一体で計画された規格品で、規格以外の商品と組み合わせる事がかなりの困難だという事。例えばこのメーカーのユニットバスならこの水栓といったように規格がすべて決まってしまっていて、それから外れる事になると施工の手間や生産ラインの手間等が発生し、大幅なコストアップに繋がりました。ですが、私達は諦める事が出来ませんでした。何か方法はあるだろうと何度もメーカーと交渉、打合せを根気強く重ねていった結果、通常の日本製品のユニットバスとほぼ同額でご提供出来るようにまでに突き詰める事が出来ました。生産ラインを外しても、そして日本製品のユニットバスにこのシャワーシステムを組み込んでも、変わらない性能・品質でGROHE社のシャワーシステムを取り入れたユニットバスが、伸和建設では標準で選択が出来るようになったのです。さあ、新しいバスタイムの始まりです。